赤ら顔専用の化粧水があったの!?
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

顔だけに湿疹、赤いぶつぶつ!?皮膚科に行っても治らない場合は?

お肌に表れたプツプツとした湿疹。
なかなか治らないため皮膚科を受診し、薬も処方されてこれでひと安心…。
と、思いきや、相変わらずなかなか治らない!

一体どうして?
皮膚科でも治らないなら、もうお手上げ?
こんなとき、一体どうしたらいいのでしょうか?

ぶつぶつ顔

皮膚科に行ってもなかなか治らない。
あるいは、薬を使うと一時的には治るもののすぐにぶり返してしまう……。
もしや、ステロイド剤が処方されていませんか?

湿疹などの肌トラブルには、高確率でステロイド剤が処方されます。
ステロイドはとても強力なので、使用すればすぐに症状が治まるでしょう。

ただし、ステロイドはあくまでもその場しのぎ。
医師に言われとおりに、塗り続け、
使用をやめると症状がぶり返してしまうことが多く、
これでは根本的な治療にはなりません。

皮膚科の医師とよく話し合って、ステロイドを避けるか量を減らしてもらいましょう。
セカンドオピニオンもかねて、いくつかの皮膚科で診察してもらうのもいいですね。

並行して、自身の生活習慣や普段使いしているアイテムの見直しも行ってみてください。
食事や睡眠はきちんと質の良いものがとれているか?

ストレスをため込んではいないか?
刺激の強い化粧品や保湿アイテムを使っていないか?

SPF値の高い日焼け止め、アルコール配合の化粧水、
洗浄力が強すぎる洗顔料、添加剤たっぷりの化粧品などなど、
改めて見てみると、毎日の肌への刺激が意外に多いことに気がつくでしょう。

皮膚科での治療は医師と肌との相性によってその結果が大きく変わるため、
納得できるまでいくつかの病院に通ってみるのも良いかもしれませんね。

もちろん、食事は毎日3食バランス良く食べること、
睡眠時間は惜しまないこと、
ストレスは定期的にしっかり発散すること、
そして普段使うアイテム選びは慎重になることも忘れてはいけません。

湿疹は体が異常事態を知らせているサインでもあります。
そのサインをしっかり読み取り、ひとつずつでも確実に思い当たる原因を潰していきましょう!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。