赤ら顔専用の化粧水があったの!?
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

顔が赤い、湿疹、血管が見える・・原因は?

お肌の調子は女性の気分を大きく左右させますよね。
よくあるトラブルとしてはニキビや乾燥が挙げられますが、
ほかにも顔の赤みや湿疹、うっすら血管が透けて見える…、
なんていうのも精神的ダメージが大きいものです。

気になるこれらの症状、原因は一体何なのでしょう?
そして、メイクで隠す以外の対策は?

顔が赤みを帯びるのは、毛細血管が拡張しているからです。

あわせてほてりを感じるようであれば間違いありません。

酷くなると湿疹が出たり、血管が見えることもあります。
これらは酒さ(しゅさ)と呼ばれる皮膚疾患で、明確な原因はハッキリしていません。

熱のこもりや気温の変化、生活習慣、ストレスなどによって引き起こされるとも言われるので、
もし心当たりのある人は原因を遠ざけるように工夫をしましょう。

また、酒さは乾燥をともなうことが多く、
ニキビやその他のトラブルを同時に発症しやすいという特徴があります。

よって、「放っておけばそのうち治るかな?」なんて悠長なことは言わずに、
なるべく早い段階で皮膚科を受診するようにしましょう。

同時に、普段のスキンケアの見直しも行ってみてください。
肌に刺激を与えるようなアイテムを使用したり、

負担をかけるスキンケア方法を実践していませんか?
酒さは肌バリアを低下させるため、
少なくとも症状が落ち着くまでは「低刺激」を意識することをおすすめします。

無添加タイプのアイテムを使うようにして、
肌への負担が大きいピーリングや直接衝撃を与えるパッティングは避けるようにしましょう。

顔パッティング

顔の赤みや湿疹、血管の浮きは酷くなればなるほど、メイクで隠すことは難しくなります。
よって、なるべく早い段階できちんと適した処置をするのが理想的。

そのためには、専門家である皮膚科医の力を借りるのが一番です。
忙しくてなかなか時間を取ることが難しいかも知れませんが、できるだけ後回しにせず、
早めに皮膚科を受診してください。
そうすることが、明日の美肌への一歩になるのです!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。