顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

顔のほてり、乾燥がすごい!これってアトピー?アレルギー?湿疹?

顔にほてりを感じて乾燥しやすい。。。
原因が気になりますよね。

赤み、湿疹が出るという場合には、早めに皮膚科に行ってみてもらいましょう。

どんな原因が考えられるのでしょうか?

乾燥、火照り

乾燥や赤みの場合はもっと幅広い原因がありますが、
ほてりが加わってくると、かなり原因が絞れてきます。

ほてりというのは、現在の気温に対しての体温調節がうまくいっていない、
顔の血管の収縮がうまくいっていないという可能性があります。

・酒さ
・アレルギー性皮膚炎
・脂漏性皮膚炎
・更年期

ほてり、乾燥が顔に感じられるのであれば、この4つが有力候補。

酒さ

まず酒さから説明していきます。

酒さというのは、顔に赤み、ほてり、乾燥、ぶつぶつという症状をもたらします。
特にほっぺ、鼻の横に赤みを出します。

この酒さが悪化してくると、毛細血管が広がってきて
頬に血管が透けて見える状態になってきます。

酒さ自体原因不明の病気と言われていて、
気候、ストレスが関係あるのではないかと言われています。

酒さをさらに詳しく知りたい方はコチラ>>

脂漏性皮膚炎

赤み、ほてり、皮膚がぽろぽろとはがれる、ニキビができやすいなどをもたらします。
しばしば酒さとも間違われることもあります。

こちらも悪化していくことで、毛細血管が広がりやすくなってしまうことも。

アレルギー性皮膚炎

赤み、ほてり、乾燥、湿疹、ぶつぶつ、水ぶくれなどをもたらします。
何かに接触した場合や、体内にアレルゲン物質が入り込んだ際に、
このような反応が体に出てきてしまいます。

更年期

こちらだけ皮膚炎ではなく、女性特有の症状。
50歳前後の女性ホルモンの変動によりさまざまな不調があらわれます。

ほてり、乾燥などをしやすいのは、女性ホルモンの乱れにより、
自律神経の調整も乱れ、体温調節の機能も低下してしまうのです。

火照りにより、急劇に汗が流れてきてしまうことも。

以上が顔のほてり、乾燥の考えられるものです。
心配な場合には、皮膚科で見てもらいましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。