顔に血管が透けて見える原因は?

鼻の横、あご、頬に赤い、細かい血管が透けて見えるのって、
なんだか気になりますよね。

この血管が見えるようになってしまう原因はなんなのでしょうか?

血管ほっぺ

血管が透けてみえて、赤みがある、ほてりを感じる、かゆみ、
外気の温度差で赤みが強くなる、
そのような状況であれば、毛細血管拡張症という症状かもしれません。

その名前の通り、毛細血管が拡張してしまっているので、
血液が通ることで、顔があかっぽくみえてしまったり、
血管がくっきり見えてしまうのです。

通常であれば、血流が激しい時のみ血管が拡張し、
またすぐ戻るのですが、そのままの状態になって収縮しなくなってしまっているのです。

そして、その血管に血液がうっ血状態になる時も、
血管がよくみえる状態になってしまうのです。

毛細血管拡張症になってしまう原因は?

・先天的なもの
生まれつき、毛細血管が広がりやすい

・育った環境
山間部で寒暖差の激しい地域で育つと、毛細血管の収縮が
何度も繰り返され、赤みを帯びやすくなる、収縮がうまくいかなくなるのではと言われています。

・治療の副作用
アトピー、アレルギーによる肌の湿疹などの皮膚炎が起きたときにぬる
ステロイドなどの薬により、酒さ様皮膚炎という症状に発展している可能性も。

・その他皮膚炎
脂漏性皮膚炎、アトピー、
またピーリングなどの皮膚に負担を与えすぎてしまって皮膚が薄くなってしまっている場合。

・酒さ
こちらは原因不明で、毛細血管拡張、赤ら顔、ほてりなどを引き起こす皮膚炎。

以上が毛細血管拡張症につながってしまう原因です。

毛細血管拡張症は治せる?

外用薬、内服薬、レーザーなどで治療可能です。
また以下のことを気を付けていくことで、改善する可能性もあります。

・寒暖差に気を付ける

・ピーリングなどのスキンケアをしすぎない

・保湿をしっかりと行う。

・自律神経を知る。
副交感神経、交感神経のどちらかが常に優位になっているのですが、
交感神経が優位になりすぎていると、リラックスできない、ストレスがたまるということにつながってしまいます。

生活習慣の改善、早寝早起き、睡眠時間をしっかりとるということも大切。

・刺激物を控える
唐辛子、カフェイン、アルコールは血流を増加させてしまいます。
絶対にだめということではありませんが控えましょう。

・腸内環境改善
毛細血管拡張症には、腸内環境の関係性ということについて、
現在研究が進んでいるようです。

便秘などをしがちの方は、体内に悪玉菌が蔓延しているので、
それら老廃物を出せるような環境にしていきましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。