顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

皮膚が薄くて血管が見える!?ピーリングのしすぎ?

自分の肌を見てみると、紫のような赤っぽいような
細かい線が見えていませんか?
それは毛細血管。

なぜこのように細かい血管が見えてしまうのでしょうか?
皮膚が薄いのでしょうか?

原因はいくつかありますが、
主な原因となっているのが、
ピーリングや洗顔を強く行い過ぎていること。

スキンケアの一環として
【ピーリング】が主流になっていますよね。
このピーリングは肌のバリア機能にもなっている表面の皮膚を
削り取ってしまう行為。

結構youtubeなどにも上がっていますよね。

確かにくすみなどの原因にもなる皮膚の表面ですが、
削りすぎてしまうと、皮膚が薄くなる、
もしくはバリア機能が弱まってしまい外部からのダメージを受けやすく、
血管が広がったままになってしまうのです。

その結果、顔、特に鼻付近といったような皮膚がもともと薄いところに
毛細血管が見えやすい状態になってしまうのです。

さきほども少し触れましたが、ピーリングだけでなく、
洗顔をゴシゴシするということや、
ニキビができやすいからと言って、一日に何度も、
洗顔をするという場合も同じです。

皮膚の表面がダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

なぜ表面の皮膚を削りすぎると毛細血管が広がるの?

皮膚の表面のバリア機能となっている一番外側になっている皮膚。
これがピーリングなどで無理にとってしまうと、
いわゆる敏感肌になってしまうのです。

敏感肌は外部からのダメージにすぐに反応してしまいやすくなります。

外部からの刺激というのは、例えば、乾燥であったり、
添加物の多い化粧水、メイク用品、紫外線。

これらに敏感に反応してしまって、赤みが出てしまう、
刺激が毛細血管を広げてしまうということにつながるのです。

そして毛細血管が広がりやすくなり、繰り返していることで、
毛細血管は広がりっぱなしになってしまうのです。

これがあなたが鏡で見るときに気になる
細かい血管なのです。

スキンケアのやりすぎに注意

ここまでで、スキンケアのやりすぎはかえって肌に負担をかけてしまうということが分かってきたと思います。

週に1回以上ピーリングをしているという方はもちろん
やりすぎです。

一度ピーリングや1日に何度も行っている洗顔をお休みしてみましょう。

そうすることで、健康的な皮膚の代謝が行われていき、
バリア機能も整ってきます。

洗顔するときもごしごしと強くこすらずに、
しっかりときめの細かい泡をたて、
やさしく洗ってあげてください。

また広がりやすくなってしまった毛細血管に有効な
赤ら顔専門の化粧水もあるので、
一度使ってみて下さい。

名前はしろ彩。

私も今、しろ彩を使っています。詳細はコチラ?>>

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。