顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

プロペトの効果、使い方は?副作用は?

肌トラブルを起こした肌はバリア機能が失われた状態であり、
改善には保湿がもっとも有効。

そのため、皮膚科を受診すると多くの場合保湿剤を処方されます。
そこで今回注目するのが、保湿剤の「プロペト」。

プロペト顔

「湿疹にプロペトを処方されて効き目を実感しているけど、このまま毎日使い続けて良いの?」
そんな不安な声が見られる中、今回はプロペトの効果と正しい使い方についてお話します。

冒頭でもお話したとおり、プロペトはただの保湿剤です。

何か特別な成分が入っているわけではないので、
副作用の心配もなく、毎日使い続けて大丈夫!

さらに言うなら、プロペトの本当の正体はドラッグストアなどにも売っている白色ワセリン。
(プロペトの方が白色ワセリンよりも不純物が少ないです)

白色ワセリン市販
出典:amazon

上記の白色ワセリンはAmazonでも販売されています。

ワセリンは室温で固体のミネラルオイルのことで、
皮膚に塗ることで水分蒸発を防ぐと同時に保護をしてくれます。
一時的な肌バリアの代わりといった感じですね。

以上から、プロペトは乾燥のケアにはもちろん、
刺激に対して敏感になっている肌の保護にもぴったり。

使用量やタイミングは医師の指示に従うのが一番ですが、
あまり厚塗りしすぎず、薄く軽く患部を覆うように塗布しましょう。

乾燥のケアに使用するのであれば、入浴後が一番効果的です。

プロペトの難点としては、ややべたつきがあり、肌に塗るとテカリが出ること。

また、乾燥が原因のニキビに有効と言われていますが、
場合によっては毛穴をふさいでニキビを悪化させてしまうことがあります。

また、紫外線にも要注意。
プロペトを塗った上から紫外線を浴びると、
いわゆる油焼けを引き起こすことがあります。

プロペトを使用したときは、その上から日焼け止めをムラなく塗るようにしてください。

プロペトは安心、安全な保湿剤であり、毎日使い続けてOK。

乾燥肌のケアにもぴったりなので、
もし医師から処方されたプロペトがなくなってしまった場合、
ドラッグストアの白色ワセリンを使用しましょう。
コストも低いので、手軽にトラブルをケアして美肌を目指すことができますよ!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。