顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

【処方薬】レスタミンコーワクリームは顔に使える?

新レスタミン軟膏については
こちらの記事で顔に使えるのか、言及しています。

今回は処方薬である【レスタミンコーワクリーム】が顔に使えるのかについてです。
レスタミンコーワクリーム
出典:https://www.qlife.jp/

結論から言うと、顔に使うことができます。

なので、急にかゆみや赤みなどが出た場合にも
このレスタミンコーワクリームを顔にぬることができます。

ただし気を付けたいことが3点あります。

レスタミンコーワクリームの気を付けたい3つのこと

一つ目
顔は手足などの皮膚に比べて薄いので、できるだけ、クリームは薄めにぬること。

二つ目
もう一つ気を付けたい点は、目の近くにはぬらないこと。
間違えて目に入ってしまったら、ただちに水で洗い流してくださいね。

最後に
レスタミンコーワクリームは処方薬です。
医師の診断なしに、使うことは本当はだめなんですよね。

他の症状でレスタミンコーワクリームを処方されたのに、
独断で違う部位に使うのはおすすめできません。

もちろん、顔のかゆみ、赤みが出てしまって、医師に
レスタミンコーワクリームを処方されたのであれば、問題なく、顔に塗って大丈夫です。医師の指示通りに塗りましょう。

かゆみや赤みが顔に出てしまって、どうすればいいのか、わからない
そんなときはかかりつけの医師に一度相談してみるか、
薬剤師さんに問い合わせをしてみましょう。

知っておきたい!顔の赤みやかゆみの原因は?

顔が赤くなってしまったりかゆみがあったとしても
メイクもしなくてはいけないですし女性はつらいですよね。

このような状態を紅斑(こうはん)、発赤(発赤)、発疹とも言います。
赤くぽつぽつしたり、毛細血管が見えるようになっている状態です。

このような症状が、アトピーやじんましんが出たことがないのに、
突然出始めたのであれば、使っている化粧品、洗顔料、日焼け止めを変えた時などに
出やすいとされています。

最近、これらを変えたかも。と思い当たる節があれば、
再度見直しが必要です。

このような化粧品類による顔への症状が出ることを接触性皮膚炎と言います。

できるだけ低刺激の化粧水にしてみてはいかがでしょうか?

また接触性皮膚炎の他には、ホルモンバランスの乱れなどの可能性もあるかもしれません。疲れ、寝不足、ストレス、栄養不足などで、
ホルモンバランスが崩れると外部刺激にも弱くなってしまい、
肌トラブルが起こりやすいです。

疲れが溜まっている場合には十分休息をとったりしてみてください。
肌のトラブルも治まってくるかもしれません。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。