レスタミン軟膏の効果は?顔に使える?

なんだか顔がかゆくて、
湿疹まででてきてしまった…。
耐えきれず薬箱をあさると、
出てきたのはじん麻疹や湿疹、虫刺されに効くレスタミン。

「身体用」と書かれているけれど、顔に使っても大丈夫なのでしょうか?

レスタミン軟膏顔に塗ってもいい?
出典:https://www.kenko.com/
結論を先に言うと、薄めに塗るのであれば、顔に使っても大丈夫です。

レスタミンは、じん麻疹、湿疹、皮膚そう痒症や虫さされに効果を発揮する医薬品で、
かゆみや湿疹が見られる症状によく効きます。
(ここではkowaのレスタミン軟膏をピックアップしています。
他にもレスタミンという名前のついた軟膏がありますが、
説明書などをよく読んでみて下さい。)

ステロイド剤ではなく比較的副作用も少ないと言われているので、
顔にも安心して使用できるのが嬉しいポイントですね。

ただし、顔は皮膚が薄く、薬の吸収がいいので、なるべく薄く塗るようにしましょう。
また、目の周りは危険なので塗らないように。

これはレスタミンに添付されている注意書きにも書かれていると思います。

もちろん、理想的なのは皮膚科を受診して、医師の指示をあおぐこと。
必要であれば、適した薬の処方を受けるべきです。

皮膚のかゆみや湿疹には、脂漏性皮膚炎や酒さ、
アレルギー、アトピーなど様々な原因が考えられ、
当然、適した治療方法もそれぞれ異なります。

レスタミンはひとまずの応急処置として、自己判断で塗り続けるのではなく、
なるべく早めに皮膚科を受診しましょう。

また、必要であれば普段使いの化粧品の見直しも検討してみてください。
もし肌トラブルが化粧品の特定の成分に反応して起こっている場合、
レスタミンを塗っても症状が完治することはありません。

また、敏感な状態の肌に刺激の強いアイテムを使い続けることは、症状の悪化につながります。
可能なら、使用頻度の高いアイテムから無添加タイプに切り替えるといいでしょう。

まとめると、レスタミンは目の周りを避け、薄く塗るなら顔に使用してもOK!
ただし、なるべく早めに皮膚科を受診すること。

そして、化粧品を低刺激なものに切り替えること。
ひとまず、皮膚科の受診を最優先して、トラブルの原因をハッキリさせましょう。
また、受診の際は、医師にレスタミンを使用したことを必ず申告してくださいね。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。