顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

赤ら顔の市販、薬は何がある?副作用はない?

頬、鼻の横の赤みが気になっていませんか?
病院へ行くまででもないかなーと言う場合には、
とりあえず市販の薬、クリームで様子を見たいという方は、
参考にしてください。

(現時点で赤みが強くなっていたり、湿疹、かゆみなどがある場合には
まずは皮膚科に行きましょうね。)

オロナイン

大塚製薬の軟膏。炎症を抑える効果があります。
ステロイドなど強い成分は入っていないので、
安心して使える軟膏です。

ただしちょっとニオイやベタツキが気になるので、
使いづらさはあります。

ワセリン

ワセリン赤ら顔

石油から作られている軟膏。
ニオイはそんなになく使いやすいです。
保湿効果が高いので、乾燥による敏感肌、炎症が起きている場合に有効。

しかし赤ら顔の原因によっては改善しない、もしくは副作用で悪化してしまったり湿疹などがでることも。

あなたの赤ら顔の原因はどれ?>>

脂漏性皮膚炎や脂性肌の方には向いていないかもしれません。

医薬品ではありませんが、ニベアを使用する人もいます。
保湿効果はありますが、炎症を抑えたりすることはできません。

また添加物も少し入っているので炎症を起こして敏感な方には向いていないかもしれません。

これらの市販の軟膏、クリームよりは、
もっと赤ら顔に有効なスキンケアをすること大切。

あなたの赤ら顔が毛細血管が広がってしまって、
血管が見えてしまうようなタイプ、炎症が起きているタイプであれば、
乾燥しやすく、肌の保湿機能が低下している可能性があります。

その場合、保湿、セラミドなどの保湿効果を高める成分が入っているものを使うべき。

例えば、私はセラミドが配合された、赤みを抑える効果のある
化粧水を使っています。

詳しくはコチラ>>

処方の薬では何がある?

保湿剤

軽度の赤ら顔の場合には白色ワセリン、
プロペト、今いろんな意味で話題のヒルドイドなどの保湿剤を商法されます。

もちろん皮膚科で処方されれば保険適用となります。

低刺激なのは白色ワセリンと言われています。

ステロイド外用薬

赤ら顔の程度が中度以上の場合にはステロイド外用薬が処方されます。
炎症を抑えてくれる効果が高いのですが、
免疫力を抑えてしまい、通常の菌やウイルスには弱くなってしまうという副作用も。

また使用する量や期間を独断で変えてしまうと、
炎症がぶり返してしまったり、酒さ様皮膚炎というステロイドが原因で、
違う皮膚炎になってしまうことも。

プロトピック

ステロイドが入っていないですが、同等もしくは少しマイルドな効果のある軟膏。
ステロイドと一緒に処方されることも。

こちらも長期の使用などで、皮膚炎になってしまう可能性もある。

以上が主に処方される塗り薬となります。

普段の基礎化粧品

ここまで、赤ら顔に対する市販薬、処方薬を見てきました。

これら以外にできることは、毎日あなたが使用している基礎化粧品の見直しや、
スキンケアの見直し。

添加物が多すぎていないか、肌のバリア機能を高めて上げられるような
化粧品を使っているかということも大切になってきます。

一度見直してみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。