顔がざらざら!あなたの原因はどっち?

「なんだか肌がざらざらする!」
「肌がごわついて、手触りが良くない!」
「ぶつぶつざらざらで、美肌とはほど遠い!」
そんな悩みの原因は多く分けて2つ!

今回はその原因の詳細と対策についてお話します。

肌がざらついて汚い理由は、洗顔不足、あるいは洗顔過剰のどちらか。

顔ざらざら

まるで両極端ですが、
どちらも肌のコンディションを悪化させる大きな原因です。

洗顔不足はわかりやすいですね。

皮脂やメイク汚れ、古い角質などをきちんと洗顔で落としきれないため、
毛穴に角栓が詰まってざらついたり、
古い角質が蓄積することで肌の柔軟性が失われ、
触れると乾燥やごわつきを感じるようになります。。

毛穴が開いて黒く見えたり、
角質によるくすみやニキビが目立つのであれば、洗顔不足を疑いましょう。

この状態を改善するには、毎日洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗顔すること。

ゴシゴシ洗う必要はありません。
大事なのは、もっちり濃密な泡で洗顔することです。

そうすることで毛穴の奥の奥までしっかり洗浄でき、
徐々に肌状態が回復するでしょう。

洗顔後の保湿は大切

もちろん、洗顔後は十分な保湿ケアを忘れないでくださいね。

過剰な洗顔は肌にとって必要な皮脂を奪い去ってしまいます。

肌のバリア機能は水分と油分の絶妙なバランスで成り立っているため、
洗顔をしすぎることで油分が失われた肌は乾燥が進み、
あらゆる肌トラブルのリスクが高まるのです。

洗顔のしすぎに加えて、頻度の高いピーリング、
肌に刺激を与えるパッティング、摩擦の多いマッサージなども、
肌を傷めつける要因ですね。

肌のためを思ってやったことでも、過剰になればそれは全て
ダメージとなって返ってくるのです。
改善するためには、スキンケアを必要最低限まで減らすこと。

洗顔料はあまり洗浄力の強すぎるものは避け、
あまり時間をかけすぎないようにしましょう。

肌のコンディションが悪い場合、一番最初にするべきはスキンケアを見直しです。

きちんと汚れを落とせているか、あるいは落としすぎていないか、保湿は十分か?
同時に、食事や睡眠などの生活習慣の改善も有効ですね。

もしかしたら胃腸がダメージを負っている場合もあります。
肌状態はあらゆる要因が影響するので、スキンケアと生活習慣、内臓環境を、
ひとつずつ見直していくと良いでしょう!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。