顔が赤い、赤ら顔の男性の対策法は?化粧は使いたくない!

女性の場合、赤ら顔の対策として、
メイクで隠すことができます。

コンシーラー、下地、ファンデーションなどを使うことで、
赤みを隠せます。

それでは男性ではどうでしょうか?

赤ら顔男

ファンデーションはわかるかたも多いと思いますが、
コンシーラーや下地となってくるとわからないですよね。

というわけで、簡単にできる男性の赤ら顔対策についてまとめていきます。

まず赤ら顔で悩んでいる部分をよく見てみましょう。
薄く血管が見えていませんか?

その場合には肌の毛細血管が広がってしまっていて、
血液がその広がった血管に滞ってしまっている状態です。

このような症状であれば、
洗顔は優しくしてあげるようにしましょう。
ごしごしとこするような洗顔はしてはいけません。

このように毛細血管が拡がってしまう原因は
乾燥、敏感肌、強い摩擦タオルや洗顔などで、
肌が薄くなっているというものが多いです。

また寒暖の激しい場所を行き来する、寒い地域で育つという場合にも
毛細血管がひろがってしまうようになってしまうようです。

また化粧水を使うことで保湿もでき、
皮膚がこれ以上めくれてて薄くなってしまうことも防げます。

お化粧をするより、抵抗もないですよね。
化粧水でスキンケアをする男性は
最近ではめずらしくありません。

ただし化粧水選びも大切。

すーっとする成分が多めに配合されているような
男性向けの化粧水では肌に負担がかかり、
敏感肌の方にとっては炎症もおきやすくなってしまいます。

なので赤ら顔でなやんでいるのであれば、
しろ彩という化粧水がぴったり。

一度試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。