赤ら顔はレーザーで治るの?治らないの?

赤ら顔、毛細血管が頬などに見えるという場合には、
メイクで隠す方も多いと思います。

しかし、メイクにも限界が。
例えば、合コン、同窓会の前にはキレイな肌で挑みたい!
と思ってしまいますよね。
そんな時はすぐに治療が可能そうなレーザーが思い浮かびます。

しかし赤ら顔は本当にレーザーで治るのでしょうか?

赤ら顔レーザー

結論から言うと、治る人もいますが、100%ではないです。

継続して、レーザー治療をしないとまた戻ってしまうこともあるし、
レーザーによって悪化する人もいます。

なので、レーザーで赤ら顔を治療したいという場合には
決断には細心の注意をしてほしいと思います。

口コミサイトを見てみると、
悪化してしまったという書き込みがやっぱりきになるところです。

レーザー治療より、スキンケアとか睡眠とか

レーザー治療をするにしてもしないにしても、
基本のスキンケアがとっても重要です。

やっぱり基礎化粧品の見直し、食事、睡眠時間、生活習慣、ストレスをできるだけ受けない環境というのが、ダイレクトに肌に関係しています。

寝不足が続くと肌がカピカピになったり、
生理前にはニキビができやすいなんていうのもやっぱり体内で何かが起きているからですよね。

そんな状態にレーザーで無理やり直してもやっぱり元通りになっちゃうんだと思うんです。

避けたいスキンケア、
ピーリング、ゴリゴリするような顔へのマッサージ、スクラブ入りの洗顔、
洗浄力が強すぎるシャンプーや洗顔などは出来る限り使うのを止めましょう。

赤ら顔はとってもデリケートで敏感な肌になっていることが多いので、
このような外部刺激をなくすだけでも
赤ら顔の改善につながっていきます。

見直したいのは化粧水とか、UVクリーム。

化粧水はダイレクトに素肌に使うものなので、こちらも肌に刺激の与えるものは使いたくありませんよね。

防腐剤、アルコールなどの入っていないしろ彩なんかがぴったりだと思います。

また紫外線も赤ら顔を悪化させる一つの要因。
UVクリームは塗り直しなどもしていきましょう。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。