顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

毛細血管拡張症治す方法はレーザーしかない?

毛細血管が拡がって赤くなってしまう毛細血管拡張症。
メイクで毎日、毎日隠すのは大変ですよね。
そのまま隠しながら放置してしまうと色が濃くなっていったり、
悪化していくので、早めの対策をしたいものです。

毛細血管拡張症治療

その毛細血管拡張症は治すことができます。
どんな治療法があるのでしょうか?

結論からいうと、治療法といえるものは4つ。

・レーザー
・フォトフェイシャル
・軟膏などの塗り薬、
・内服薬

あとは自分で治す方法が2つあります。
・スキンケアの見直し
・生活習慣の見直し。

厳密にいうと、毛細血管拡張症原因によって治し方は違います。

ここから詳しく説明していきますね。

4つの治療法

・レーザー
レーザーは脱毛器などと同じようなマシーンを使って、
肌の赤みのある部分にレーザーを使って消していく方法。

そのレーザーは血管のみに反応するようになっていて、
血行を良くする、もしくは破壊するという方法になります。

レーザーは皮膚科、美容外科などで受けることが出来、
美容外科では保険適用外になるので、治療費がやや高くなることも。

・フォトフェイシャル
フォトフェイシャルは細かな設定ができ、肌の状態に合わせて
狙い撃ちすることが可能。

たとえば、薄めの赤み、薄い血管、細かな血管に有効です。

ただしレーザーよりも効果はマイルドなので、
何度か通って続けなくてはいけません。

ちなみにフォトフェイシャルは日本ルミナスの登録商標されている医療器具。
これを使うには治療のできるクリニック、病院で受けることができます。

エステやサロンなどで似たような名前で宣伝しているところもあるので、
それは別物になりますので、
間違えないようにしましょう。

・軟膏などの塗り薬

顔の赤み、血管が気になったら、まずは皮膚科へ行きましょう。
そうすると、状況に応じ、軟膏や保湿剤が処方されます。

軟膏は保湿するものや、炎症を抑えるもの、ステロイドなどが代表的。
ただし、毛細血管拡張症は薬を塗ってすぐに治るというものではないので、
長い目で自分に合わせて治療していくことが大切。

・内服薬

抗生剤、漢方薬、ビタミンC内服など。
毛細血管拡張症の原因によって異なる内服薬を処方されます。

赤ら顔を自分で治す方法

・スキンケアの見直し
赤ら顔になってしまうのは肌が薄くなる菲薄化<ひはくか>が多いと言われています。
肌が薄くなってしまい、毛細血管が見えやすくなっている状態。

肌の菲薄化は洗顔のしすぎ、ピーリングやマッサージのしすぎになりやすいと言われています。

なのでスキンケアで刺激を与えすぎないことが大切です。

・生活習慣の見直し。
赤ら顔の原因が酒さや脂漏性皮膚炎やアトピーということがあります。

これらの皮膚炎はどうして起こってしまうのか不明な部分もあります。
なので睡眠不足、生活習慣の乱れ、ストレス面が原因になっているのではと
考えられることも。

生活習慣の見直し、ストレス解消などもしてみる価値があります。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。