赤ら顔専用の化粧水があったの!?
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

湿疹、ほてりを感じる場合は、≪酒さ≫かも?

「顔がなんだかやたらとほてる…」
「おまけに湿疹まで出てきてしまった!」
明確な原因がはっきりしないほてりや湿疹、もしかしたらそれは『酒さ』かもしれません。
今回はあまり耳馴染みのない酒さについて、少し詳しくお話しします。

顔のほてり原因

酒さ(しゅさ)って聞いたことありますか?
あまり原因がハッキリしていない皮膚疾患で、
初期は顔の比較的広い範囲に広がる赤い小さなプツプツが見られ、
毛細血管の拡張によってほてりがでるようになり、
悪化するとニキビにも似たできものができるようになります。

気温の変化や熱のこもり、
あるいはストレスなどで引き起こされるとも言われていますが、
多くの場合、湿疹やニキビとともに表れるため、酒さそのものはあまり認識されません。

もし酒さの疑いがある場合は、なるべく早めに皮膚科を受診しましょう。

酒さは乾燥をともなうことが多く、水分を失った肌はバリア機能を大きく低下させてしまいます。
すると、あらゆる刺激に対して敏感になってしまい、
さらなる肌トラブルを引き起こすリスクが高まるのです。

皮膚科での酒さの治療は、主に抗生物質の処方が行われるようです。

また、漢方も効果があると言われており、
医師の方針と症状によって具体的な治療方法は変わっていくでしょう。

皮膚科は医師との相性も重要なので、納得いかないことや不思議なこと、
違和感などがあったら、別の皮膚科を受診するのもありです。

すぐには皮膚科を受診できない場合は、
とにかく肌に余計な刺激を与えないよう注意しましょう。

普段使用している化粧品を無添加タイプに変えたり、
メイクを薄くするなどの工夫をしてください。

また、酒さの原因が生活習慣の乱れにある可能性もあるので、
食事や睡眠の見直しもしてみましょう。
毎日3食、バランスよく食べていますか?

油っぽいものばかり食べたり、甘いものばかり食べるのは良くありません。
野菜を中心とした和食を1日1回は食べるようにしましょう

睡眠は時間ももちろんのこと、質も大事です。
お肌は眠っている間にダメージを修復するため、寝る前はスマホやPCの使用を避け、
適度なストレッチをするなどして体を温めて、早めに布団に入るようにしましょう。

繰り返しになりますが、一番は皮膚科を受診することです。
たとえ酒さじゃないとしても、
ほてりや湿疹を放置するのはいいことではありません。
肌を健やかに保つため、なるべく早めに対策をしましょう!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。