顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

顔に湿疹ができてヒリヒリ!?それは乾燥のしすぎ?

肌トラブルにもいろいろなものがありますが、
見た目の異常だけではなく、痛みやかゆみまであるとなかなか厄介ですよね。

なかでも顔にできる湿疹は目立ちやすく、ヒリヒリしたりごわつき・ざらつきを招くことも。
この痛みをともなう湿疹、原因は一体なんなのでしょうか?
そして、どうしたら改善するのでしょうか?

顔ヒリヒリ

肌に異常が起こる原因は、大きくふたつにわけることができます。
一つ目は、外部から肌に与えられる刺激。
もう一つは肌バリア機能の低下です。

外部からの刺激

外部から肌に与えられる刺激としては、
普段使用している化粧品の成分や、メイクという行為そのもの、
直接肌に摩擦・衝撃を与えるパッティングや
コットンを使ったスキンケア方法などが挙げられるでしょう。

とくに気を付けたいのは、化粧品の成分。
特定の成分に対してある日突然肌が反応してしまう場合もあり、
直接目に見えないからこそ、成分を考慮したアイテム選びが重要になってくるのです。

肌バリア機能の低下

肌機能は肌のバリア機能とも言い換えられ、
主に肌が蓄えている水分によって保たれています。

逆に言えば、乾燥は肌のバリア機能を奪ってしまう最大の敵であり、
湿疹のみならず、あらゆる肌トラブルを招く諸悪の根源なのです。

痛みをともなうほどの湿疹となると、
上記のふたつの原因が同時に発生している可能性が考えられます。

すなわち、外部からの刺激によって肌のバリア機能が損なわれ、
そんためにより刺激に対して敏感になっている状態です。

この状況を打破するためにまずするべきことは、皮膚科の受診。
医師の診断を受け、適切な処置を行いましょう。

ただ、場合によってはなかなか改善しないこともあるかもしれません。
その場合は、複数の皮膚科を受診することも検討してみてください。

それと並行して行って欲しいのは、普段使いしているアイテムの見直しです。
「保湿力」と「低刺激」のふたつを意識して、
肌に負担をかけない無添加タイプなどを選ぶと良いでしょう。

お肌は元来とてもデリケートなものです。
肌トラブルは肌のヘルプサインであり、
生活習慣やアイテム、スキンケア方法などを徹底的に見直す絶好の機会と考えてみてはどうでしょう?

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。