赤ら顔専用の化粧水があったの!?
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

顔の湿疹、かゆくないんだけど、原因は?予防はできる?

スキンケアやメイクのたびに、気になる顔のブツブツ。
「病院に行くべき?」と思いつつ、とくにかゆみも痛みもないと、
つい放置しがちですよね。

しかし!
その湿疹、放っておいてもいいことはありません!
気付いた時点でしっかり対策をしないと、
症状が悪化してとんでもないことになってしまうかも?!

顔にできる湿疹にはたくさんの種類がありますが、有名どころとしては以下の通り。

・接触性皮膚炎…特定の物質との接触で起こる。アレルギーも含まれる
・脂漏性皮膚炎…皮脂分泌の異常などによって引き起こされる
・カビ感染…湿疹を起こすカビは多数あり、水虫を引き起こす白癬菌やカンジダ菌がその代表
・汗による刺激…汗の分泌増加に伴い汗腺が詰まって引き起こされる。あせもも考えられる
・虫さされ…蚊やノミ、ダニ、その他毒性のある虫との接触など

上記の中で、虫さされは多くの場合かゆみや痛みを伴うため、
今回は除外します。

毎日きちんと洗顔をして肌を清潔に保っているのであれば、
カビ感染や汗による刺激も可能性は低いといえるでしょう。

となると、残るは接触性皮膚炎と脂漏性皮膚炎ですね。
このふたつは場合によってはかゆみを伴わないこともあります。

接触性皮膚炎の場合、原因としてまず考えられるのは
普段使用している化粧品や保湿アイテムです。

毎日使用するからこそ、アレルギー反応が出てしまったと考えられます。
予防と対策は、原因となる物質をしっかりと避けること。

毎日使うものを少しずつ変えて肌の変化をチェックするなどして、
アイテムの見直しをするといいでしょう。

脂漏性皮膚炎は主に皮脂の異常分泌によって引き起こされます。

かゆみはそれほど強くありませんが、極端に顔がカサカサしたり、
逆にベタベタしやすいのが特徴。
予防と対策としては、肌に合った基本の保湿ケアをしっかり行うことです。

湿疹の原因は様々であり、今回紹介したのはほんの一例。

正しい予防と対策を知るためにも、
早いうちに皮膚科を受診することをおすすめします。
「かゆみがないから大丈夫」なんていう素人判断は絶対NG。
医師の力を借りて、あなたの症状と肌にしっかり合った治療を行いましょう!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。