化粧水を変えたら顔に湿疹!?避けるべき化粧水とは?

スキンケアアイテム選びって難しいですよね。
なかなか自分の肌に合うアイテムが見つからず、
ジプシー状態の人も多いのでは?

とくに困るのが、保湿の基本である化粧水が肌に合わないとき!
新しい化粧水を使ったら、なんだか肌がヒリヒリしたり、かゆみが出たり。

化粧水湿疹

酷い場合は湿疹ができてしまう場合も!
一体これはどうして?
そして、どのように対処したらいいのでしょうか?

新しい化粧水を使って湿疹などの異常が見られた場合、
化粧水に配合されている特定の成分に肌が強く反応した可能性が考えられます。

この特定の成分として一番挙げられるのは、
アルコールのような刺激の強い成分をはじめてとした添加物。

添加物とは、香料や着色料といった化粧品の機能そのものには影響しないものや、
防腐剤のような化粧品の安全性を高めたり保証をするもの、
合成界面活性剤のような製品の安定性や機能性を高めるものなどがあります。

一般的的に、化粧水に配合されるこれらの添加物が
肌に大きなトラブルを引き起こすことはほとんどないと言われています。
しかし、肌質や体質は人それぞれ。

場合によっては今回のように痛みやかゆみ、湿疹をもたらしてしまうこともあるのです。

以上から、新しく化粧水を選ぶときには添加物の
有無をきちんとチェックするようにしましょう。

そこでおすすめしたいのが「白漢 しろ彩」。
こちらは高い保湿力を持ちながら、
和漢の力で肌の炎症を抑える効果を持つ化粧水です。

くわえて、敏感肌の人でも安心して使用できるように、
肌に負担や刺激をもたらす可能性のある添加物(パラベンやフェノキシエタルノール、
アルコール、香料、着色料、鉱物油など)は配合されていません。

肌に優しい無添加処方だからこそ、どんな肌タイプの人にもおすすめできるのです!

もちろん、一番に考えるべきは今肌に起こっているトラブルのケア。
まずはトラブルの原因と思われる化粧水の使用を中止して、様子を見ましょう。
それでもなかなか症状が治まらない場合は、早い段階で皮膚科を受診するようにしてくださいね。

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。