顔の赤み、かゆみに悩んでいる方必見!
今なら30日間返金保証あり!
↓の画像をクリックで公式サイトへ↓
白漢しろ彩

顔の湿疹、皮膚科にいっても治らない!?どうすればいい?

女性にとってお肌のトラブルは大きな問題であり、
それを解決してくれる皮膚科は心強い味方です。

しかし、中には皮膚科に行ってもトラブルが治らないことも…。
今回は顔の湿疹がなかなか治らない場合、
どうすればいいのかを考えていきましょう。

湿疹治らない

まずは湿疹の原因を考えてみましょう。

例えば、ダニやノミなどの虫に刺された時も湿疹ができます。
あるいは、あせもも湿疹の代表ですね。

これらは比較的診断が容易なので、医師も的確な処置をしてくれるでしょう。
しかし、医師にも明確な原因がわからない場合は、
普段使用している化粧品によってかぶれを起こしている、
あるいは酒さの可能性が考えられます。

化粧品によってかぶれを起こしている場合は、
特定の成分に反応していることがほとんどです。

医師が処方する薬を使用するだけではなく、
怪しいと感じるアイテムの使用を控えましょう(心当たりがある場合)。

また、アイテムの見直しも有効ですので、
医師推奨のアイテムを使用するのもいいですね。

酒さとは赤みや小さな吹き出物が見られる症状で、
その正確な原因はわかっていません。

ステロイド剤などを使って炎症を抑えるのが主な治療方法ですが、
ステロイドは効き目こそ強いものの、長い期間の使用はすすめられないものです。

最初に集中してステロイドを使用し、
炎症が治まってきたら徐々にその量を減らしていくことになるでしょう。
この期間に化粧品の見直しや食事・睡眠の見直しを行い、
少しずつ肌の状態を整えていくといいですね。

お肌はとてもデリケートで、トラブルによっては皮膚科でも
なかなか改善しないことがあります。

また、皮膚科ほど医師と肌との相性が結果を左右する
診療科はないとも言われますね。

時間と体力が許すのであれば、
いくつかの皮膚科に行ってみるのもいいでしょう。

間違っても、「皮膚科じゃ治らない!」とヤケにを起こし、
自己流の間違ったケアをしないように。

医師としっかり連携をとり、
たとえ時間はかかったとしても完治を目指しましょう!

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。